NIPPON BAUER Y.K.

製品一覧

BG シリーズ(大口径多目的掘削機)

・ バウアー社の製品中、最も販売実績のある掘削機です。

・ 貫入トルク120kNmから最大420kNmの小型機から大型機までをラインアップ。

・ トルクコンバーターを装着することによりトルクを倍増することも可能。

・ 場所打ち杭、障害撤去の他、フロントのアッタチメント交換によりCSM工法、

  SMW工法、エコサイトパイル工法、CFA工法等の施工が可能

 

詳細情報:BGシリーズ

BGの用途及び新技術

 

BC シリーズ (地中連続壁掘削機)

 

      

     BC40                CBC40

 

・ BC30、CBC33、MBC30で定評のあった地中連続壁掘削機です。

・ 掘削部本体が強化されました。

・ 最大掘削深度80m~150m、あらゆる土質に対応

詳細情報:BCシリーズ

 

CSMシリーズ(ソイルセメント地中連続壁施工機)

吊り下げタイプ

ケリーバータイプ

 

 

・ CSM(カッターソイルミキシング)工法は、水平多軸回転カッターを用いて

   土とセメント系懸濁液を原位置で攪拌混合し、矩形のソイルセメント壁体

  土留め壁、遮水壁等や地盤改良体を造成する工法です。

・吊り下げタイプとケリーバータイプの2機種があります。

・硬質地盤の施工可能

・省スペースで大深度・大壁厚施工可能

・低騒音・低振動

 詳細情報:CSMシリーズ

 

 

RG シリーズ 

 

 

・ マストが伸縮。

・ 現在日本では、油圧バイブロを搭載し、H鋼、シートパイル、鋼管等の打設。

・ アタッチメント交換により多様な工法の施工が可能。

詳細情報:RGシリーズ

 

RBシリーズ(地熱用ボアホール掘削機)

ダウンザホール掘削及びフラッシング掘削による地熱用縦穴掘削機です。

 

RB8/10/15 自走式

 

・ クローラー又はタイヤ輪走行の

  油圧式地熱用ボアホール掘削

  機です。

・ コンパクト設計のため、狭い場

  所での施工に適しています。

・ 掘削深度:約150m

・ 掘削径:150~450mm

 

 

RB60/90 けん引式

・ 専用トレーラー一体型で、油圧装置

  を搭載し、トレーラー自体が掘削機

  となります。

・ 比較的大深度掘削に適しています

 

・ 掘削深度:約3000m

・ 掘削径:150~1200mm

KLEMM(超小型掘削機及びバックフォー装着掘削装置)

  ダブル ロータリーヘッド及びドリフターの装着ができる掘削装置です。     

KR704

 

機械幅75cmの超小型掘削機です。

KA140

バックフォー(山積み容積0.8㎥)に装着可能です。

 詳細情報:KLEMMシリーズ

 

MG シリーズ (鋼管杭等打設機)

 

・ 鋼管杭貫入機

・ 国内の狭小スペースでの使用を考慮した小型機です。

・ 貫入トルク120kNm(MG12)及び145kNm(MG15)の2機種があり、

  MG15については、機械的なトルクコンバーターを装着すること

  により、貫入トルク200kNm及び300kNmが可能です。

 

BEシリーズ(土砂分離装置)

  連続壁工事、シールド・推進工事などの泥水、スラリーから土砂を分離

 スクリーンの網は、プラスティク製のため耐久性に優れる.

 

泥水処理能力50425 m3/h

分級点  0.0450.060mm

 

 BEカタログ

 

  

BE250-60

 

 

BE425-60